一宮大介

1993年生まれ、大分県竹田市出身。身長162cm。外岩の高難度課題を次々に登る実力派クライマー。 世界で最も難しいとされるV16課題にアジア人として初めて成功し、ピオレドールアジアにノミネートされた。 2018年には、南アフリカのロックランズにある最難関課題「The Finnish Line(V15)」に成功。

運営会社 特定商取引表記